エアライン数社がスマートスーツケース持ち込み禁止へ。購入を考えている方は要注意!


スポンサーリンク

スマートスーツケースが禁止の航空会社は現在10社。今後さらに拡大する可能性も。

Airline

すでにスマートスーツケースの持ち込みを禁止を発表している数社の航空会社に加え、

今回新たにユナイテッド航空、ハワイアン航空、アレジアント航空が、持ち込み禁止に。

これまでは、デルタ航空、サウスウエスト航空、アメリカン航空、アラスカ航空、カンタス航空、カナダ航空、ブリティッシュエアウェイズが、スマートスーツケースをすでに禁止としていましたが、

2018年1月15日より、上記3社も加わるということです。

スマートスーツケース(スマートキャリーケース)ってどんなもの?!

スマートスーツケース(スマートキャリーケース)とは、スマートフォンと連動しているスーツケースのこと。

  • 携帯電話やパソコンの充電機能
  • 施錠機能(遠隔ロック)
  • 重量の測定
  • GPSでの位置確認

などの最新の機能が備わっています。

このタイプのキャリーケースはリチウム電池が内蔵

それによって、オーバーヒートや爆発の可能性があるため、禁止に踏み切ったようです。

私も以前、この製品を雑誌で知って気になっていました。

最新の機能が備わっているだけに、かなり高価なスーツケースです!

すでにスマートスーツケースを購入してしまったら?

すでに購入してしまった方で、上記の航空会社を利用する際は、

内蔵のリチウムバッテリーを取り外せば、機内預け入れが可能だということです。

また、電源を切ることで機内預けが可能な航空会社もあるようですが、

それぞれの航空会社によって規定が違うので、事前によく調べておくことが重要です。

ただ、現状では、このタイプのスマートスーツケースで、バッテリーの取り外しができるタイプはほとんど無いようです。

今後、バッテリー取り外しのできるスマートスーツケースが発売することを期待したいと思います。

ランキング参加中!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
応援して頂けるとうれしいです(^^)
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link