【グアテマラシティー】治安最悪といわれる首都での日常生活はこんな感じ。


その治安の悪さから、まず旅行者は訪れないであろう、グアテマラシティー。

そんな場所に数年間住んでいました。

  • 強盗・殺人事件多発!
  • 自宅マンション前で麻薬の抗争が起こった!
  • 近所のスーパーで人が撃たれて死亡・・(-_-;)
  • 現地の知り合いは、1年間でなんと5回も強盗に遭った!

挙げてみればキリがないほど危険ネタばかり。

でも、住んでみるとなかなか良い所だったんです。

そんなグアテマラシティーですが、

2013~2015年に撮った写真を、解説付きでUP。

グアテマラ全体の説明も簡単に書いていますが、写真だけササっと見たい方は、目次の

「高級住宅街はまるでゴーストタウン!?」からどうぞ。

スポンサーリンク

グアテマラってどこにあるの?

まずは、グアテマラって何?どこ?って方のために。

グアテマラは、メキシコのすぐ下に位置している中米の国で、

国土の北東はカリブ海、南は太平洋に面しています。

guatemalamap

(wikimedia commonsより)

グアテマラの言語、人口、人種は?アジア系はどのくらいいるの?

  • 人口:約1,436万人。
  • 面積:109,000平方キロメートル(日本の北海道と四国をあわせたくらいの広さ)
  • 公用語:スペイン語
  • 人種:国民の半数以上はマヤ系先住民。メスティソ(欧州系と先住民の混血)・欧州系、アジア系もいます。

アジア系はマイノリティー。地方に行くとまるで芸能人!?

アジア系は圧倒的に韓国人が多く、繊維産業や、飲食、食料店を営んでいる方々が大半です。

チャイナタウンはありませんが、コリアンタウン的な場所はあります。

日本人は圧倒的に少なかったですね。

アジア系自体がマイノリティーなので、田舎の方に行くと、珍しがられて、芸能人でもないのに

知らない人から「一緒に写真撮って」と言われることが多々ありました(笑)。

首都のグアテマラシティーは都会なので、そんなことはなかったです。

一度住んだらクセになる!常春グアテマラの気候

首都グァテマラシティーは、標高1,502m、年平均気温19度と快適な高原気候で、

「常春の国​」とも呼ばれているほど。

空気はカラっとしていて、暑すぎもせず、寒過ぎもせず、本当に過ごしやすい気候でした。

その気候に一度慣れてしまうと、日本の蒸し暑い夏とか、極寒の冬はもはや拷問・・・!

グアテマラといえばコーヒー

グアテマラに住むまで、あまりコーヒーには詳しくなかったのですが、

たしかに美味しいです。

ちなみに、ウエウエテナンゴという銘柄は、片桐はいりさんのグアテマラの弟を読んで知りました。

個人的には、酸味のあるウエウエよりも、まろやかなアンティグアのほうが好きです。

グアテマラシティーってこんなところ。

地区によって街並みも人の雰囲気もガラリと変わる!

Guatemala_city_zones

wikipwdiaより)

グアテマラシティーは25のZona(地区:スペイン語で「ソナ」と読みます。)から構成されています。

地区によって特色があり、

ほんの一例ですが、

Zona1は、旧市街。

Zona10は観光ホテルや飲食店が多く、おもに観光客が訪れる場所。欧米系多め。

Zona14は、高層マンションが多い、閑静な住宅街。

Zona18は、現地の人も足を踏み入れないと言われているほど治安が悪い危険な地区、といった具合です。

↓こちらは、高台から撮影したグアテマラシティー。

DSC04587

高級住宅街は、まるでゴーストタウン!?

SONY DSC

こちらはZona14のようす。

数年前の写真なので、現在はマンションがさらに増えています。

Zona14はこのようなマンションが多く、

マンションは必ず塀に囲まれており、銃を持った警備員が常駐しています。

各国大使館があり、駐在の外国人が多く住んでいます。

もちろんグアテマラ人も住んでいますが、この地区に住んでいるのは富裕層。

SONY DSC

屋根の低い建物は一軒家で、たいてい大きな庭やプール付き。

閑静な住宅街、といった雰囲気ですが、

治安上、平日外を歩いている人はほとんど見かけません。

昼なのに、まるでゴーストタウン・・!

トルティーヤ売りのおばちゃんが昼頃になると現れて、

労働者や、お手伝いさんらしき人々が買いに来るのをよく見かけました。

歩行者天国になると人がたくさん出てくる!

20130513121615f98

日曜日のLas Americas 通りのようす。

治安上、普段は車での移動が多く、

平日、街を歩いている外国人はまず見かけません。

反対に、日曜日の歩行者天国は警備で守られているため、人で大賑わい。

ジョギングする人、犬の散歩をする人、マウンテンバイクに乗る人・・・思い思いに過ごしています。

食べ物の露天もたくさん出ていて、オーガニックの日には、野菜やナチュラル系の製品を売っているのもよく見かけます。

20130513121610f19

トルティーヤの屋台。

焼いた肉とアボカドを挟んで食べると絶品!

オレンジの生絞りジュース屋さん。

グアテマラのオレンジ美味しいんです!

20130513121555d80

アイス屋さんもいます。

マフィア管轄の赤バス!?

guatemalabus

IMG_20151220_105441

通称「赤バス」。

ローカルの大事な交通手段です。

でも、マフィアに牛耳られている強盗頻発のバスなので、

治安上、在住外国人はまず乗りません。

現地の人でも、富裕層や安全意識の高い人は絶対に乗らないです。

ちなみに、この赤バス、ルートは決まっているようですが、

バス停は特に存在しません。

乗りたい人が道路脇で待っていると、停まってくれます。

Q1(1ケツァール:約16円)で乗車できます。

緑のトランスメトロは市営バス

20130514094412040

こちらは、市営の路線バス「トランスメトロ(Transmetro)」。

専用の道路があって、市内には路線の駅が整備されています。

このバスは、各駅に警備員が配置されているため、前述の赤バスより比較的安全と言われています。

中でwifiができる車両もあるんですよ。

ちなみに、トランスウルバノ(Transurbano)という青いバスも市営です。

車に乗りながら路上で買物ができて便利!

201305091043252b5

路上でガムを売るおじさん。

どうやって買うかというと、車の窓を開けてやり取りします。

しかも、このガムは1粒から買うことができるんです。

グアテマラの独立記念日が近くなると、路上で国旗も売っています。

大きさも大小さまざまで、国旗を車に付けて運転している人もいました。

路上で花束も売っています。

この他には、バナナやマンゴー、ランブータン、マッシュルーム、

生のエビ、アイロン台まで路上で売っているのを見たことがあります!

渋滞で停車することが多いシティーでは、かなり便利なシステム。

例えば、

バナナだけ買うのにわざわざスーパーまで行かなくても、路上で購入できてしまいます♪

鉄格子でびっしりガードされた路面店!

20130702112124a0c

この写真は、のように、

グアテマラではフライドチキンのお店がたくさんあります。

日本のチキンよりも柔らかくて美味しいです。

ところで、

このお店、どうして鉄格子があるのか分かりますか?

防犯対策のためなんです。

この鉄格子の間から、お金や品物のやり取りをします。

強盗に押し入られないための工夫ですね。

このような鉄格子でガードされたお店がたくさんあります。

dsc04613

牢屋みたいな・・・

どこに行っても銃!銃!銃!!

おそらく、これは現金輸送車。

こういった係員は必ず銃を携帯しています。

大型モールやレストランにも銃を携えた警備員がいるのをよく目にします。

それだけ治安が悪いということなのでしょうが、

グアテマラでは、何でもない普通の風景です。

IMG_20151101_121214

大きなイベントになると、重装備のポリシア(警察)出現。

銃の大きさがやけに気になる!

トラック荷台は人もフルーツも美女も何でも積み込む!

グアテマラでは、ピックアップと呼ばれる後ろに荷物が載せられるトラックが人気です。

物だけでなく、こんな感じで、人も過剰積載しちゃってます。

これもグアテマラでは普通の風景。

201306221540350e6

こちらは、うまい具合にパイナップルが積まれています。

紐で固定していないのに、1つも落ちないのが不思議!

201307041242043ad

美女も荷台に乗せちゃってます。

これは、HONDAのバイクをキャンペンガールが宣伝しながら走っている図。

この宣伝方法、逆に斬新!?

No.2に続きます。

ランキング参加中!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
応援して頂けるとうれしいです(^^)
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link