海外旅行、会社に内緒で行くべきか、言うべきか?


bb6afc2a91579aad5e222cd1e490a313_s

会社勤めをしていると、当然ですが海外旅行に行くためには有給休暇を取る必要があります。

数日間から長期で休む場合、仕事によっては自分の空いた分のシフトに入ってくれる同僚がいたりだとか、自分の不在時には周りに何かしらお世話になっていることがあるかと思います。

そんな時、海外旅行に行くことを会社の上司や同僚、またはパート仲間などに話すべきか、それとも内緒で行くべきか迷ったことはありませんか?

  • 有給が取りにくい環境で、周りにとても気を使いながら休む時
  • 下手に口をすべらせると「海外行ける余裕あっていいよね~・・」なんて僻まれてしまう
  • 一旦行くことを話をしてしまうとお土産が面倒くさい

などなど、いろいろな状況があると思います。
今いる職場の雰囲気によって、海外旅行に行くことを言うか言わないかは大きく左右されるのではないでしょうか。

今回はこの「旅行に行くことを会社に行くべきか、言わないべきか」というテーマについてまとめてみました。

スポンサーリンク

では、旅行の話をオープンにしても気まずくならないのはどんな場合でしょうか?

e8929af8f452bb1dfe96ae8095e44b55_s
あなたの会社の上司や同僚に旅好きがいる場合、おそらく旅行のための有給休暇は取りやすい環境にあると思います。

周りに旅好きがいる、しかも上司が有給を取るから部下も取りやすい、という最高の環境にいるならば、旅行話をしても全く問題はないでしょう。

周りは旅行に対して理解があるので、帰国後の土産話も楽しくできるし、また、同僚や上司の旅行話でも盛りあがることができそうです。

すでに会社の中であなたが「旅キャラ」として確立できているのであれば、周りも、「○○さんといえば旅行」、というイメージが定着しているので、旅の話をしても受け入れてもらえるでしょう。

この「旅キャラ」を会社で確立するには、普段から仕事をきっちりこなし、周りに迷惑をかけない等の努力も必要です。

そうでないと、特に日本社会では、「仕事ができないくせに休暇ばかり取っている」というようなレッテルを貼られてしまう可能性があるからです。

会社の人たちには告げずにこっそりと旅をして、自分からは話さないほうが無難な場合もありそうです。

78791a3dc5aa3ff44e5b0dde187f2bf6_s


同僚の間でも、独身か既婚か、子どもがいるかいないか、親の介護をしている、など状況の違いによっては毎年海外旅行をするのは経済的に難しい、というように生活レベルに違いがある場合もあります。

そうなると、頻繁に海外へ遊びに行くことに対して理解されない、または僻まれてしまう、という場合があるかもしれません。

帰国後に旅行の話をしたら、そんなつもりはないのに自慢しているように相手に受け取られてしまった、なんていう話もよく聞きます。

それならば、いっそのこと旅行に行くこと自体を秘密にしてしまったほうが楽かもしれません。お土産を買う必要もないですしね。

有給はきちんと与えられているにもかかわらず、実際には年中繁忙期のような感じでなかなか長期で休めない、または有給は病欠でしか認めてもらえず、リフレッシュ目的での休みが取り辛い、というブラックな会社もいまだに存在しているようです。

そんな中ではおそらく、1週間以上の休暇は難しく、がんばっても土日祝日合わせて3日~5日程度が限界でしょう。

そんな状況では当然、旅行に行くだなんて言い出せませんよね。

会社に海外旅行届の義務がないのであれば、このケースについても同様に、旅行のことは秘密にしておいたほうが良さそうです。

いかがでしたか?自分に当てはまるケースはあったでしょうか。

ちなみに私の場合、休みが取りにくい会社に勤めていた時は、3~5日間の弾丸旅行にせざるを得ない時期がありました。

誰にも告げずに出発~帰国し、現地で会社用土産を買う時間があれば購入して、ランチタイムに何気なくお土産のお菓子を配ったりすることもありました。

この方法なら、万が一お土産を買う暇がなくても、そもそも誰にも旅行に行くことを伝えていないのでまったく問題ありませんでした。

本来ならば、会社や周りのことなど気にせず旅行に行ければ良いのですが、組織というものに属していると何かと面倒なこともありますよね。

でも一度きりの人生ですから、自分のやりたいことをやり、うまく立ち回って、不自由な環境でも自分の思うようにコントロールしていけると良いですね。

ランキング参加中!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
応援して頂けるとうれしいです(^^)
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link