ダイエット中の旅行はどうする?!食べながら体重をコントロールする方法【経験談】

LINEで送る
Pocket

1d533a941c59d2370023ffd0da40dffa_s

旅行の楽しみの1つは食べること!

でも体重が増えるのは嫌ですよね・・。

私もその中のひとりで、ダイエット中の旅行に関しては今まで色々試行錯誤してきました。

でもその甲斐あって、ここ数年は旅行に出かけても体重が増えることはありません。

ここでは、「旅行中でも体重を増やさない秘訣」をお伝えします。

(下へ続く)

スポンサーリンク

旅行中でも体重を増やさない思考法2つ

d00d04a8290c0b6d70761d9ab8490192_s
せっかくの楽しい旅行、食べたいものを食べて思いっきり満喫したいですよね。

「旅行=食べる=太る」と思いがちですが、私はこの2つの考え方を身につけてから体重をコントロールできるようになりました。

PFCバランスを考えて食べる

PFCとは、Protein(タンパク質)、Fat(脂質)、Carbohydrate(炭水化物)のこと。

1 日の食事で摂取するエネルギーのうち、このタンパク質・脂質・炭水化物の3大栄養素を、その人に合ったバランス量で摂取するという食事法です。

私は、この食事法を実践してから約6Kgのダイエットに成功しました!

詳しいやり方は、こちらの本に載っている「マクロ管理法」を参考にしました。

※現在Kindle unlimitedに登録すると、この書籍が0円で読めます。

普段はPFCバランスの計算をいちいち調べるのが面倒なので、私はカロミルというアプリで管理しています。

また、旅行中の食事は含まれているPFCの量を調べるのが難しいので、旅ではカロミルでの記録はしません。

ですが、毎日カロミルで食品に含まれるPFCのデータを見ていると、どの食品にどれ位の量が摂れるのか予想がつくようになってきますので、旅行中は大体の予想で乗り切っています。

食べ過ぎてしまったら、1週間単位で収支を合わせる

とはいえ、旅行中は美味しい食べ物に囲まれて、ついつい食べ過ぎてしまうことも。

そんな時は、1日単位でPFCやカロリーの収支を合わせるのではなく、1週間単位で考えるようにします。

明らかに超高カロリーなものをドカンと食べてしまった日が続いたら、残りの数日間で食べるものを軽めにしてみたりして調節をします。

誰でもできる!旅行中でも太らないコツ

c6cbc33c8b9a6dd0d7407abe229ee79a_s
まずは機内食。

出されたものは食べないと勿体ないと思って、それほどお腹が空いてもいないのに全部食べてしまっていませんか?

機内食メニューのほとんどは炭水化物。たんぱく質はほんの少しだけです。

メインの肉か魚の付け合わせにお米が付いていて、さらにパンもデザートも・・・!

これを全部食べていたら、現地到着前から糖質過多のカロリーオーバーになってしまいます><

現地で食べたいものを思う存分食べられるように、機内食のパンやデザートなどの糖質はなるべく摂らないよう、心がけましょう。

写真のような機内食のパンだけでも100gあたり260Kcal程度はあるので、食べなければその分余計な糖質とカロリーを摂らずに済みます。

機内に自分で食品を持ちこみ、パンやデザートの代わりにプロテインバーでタンパク質を補給するのもおすすめです。

(参考:【海外旅行の持ち物】あると便利な食品5選!旅の体調管理にも。

朝食ビュッフェでは繊維質を多めに

dbaef53380d844623ce8df2875117a1b_s

朝のビュッフェでは食べ過ぎに要注意!

沢山の種類の食べ物が並んでいると、ついついお皿に大盛りになるまで取ってしまいがちですよね。

でも、ここでグッと我慢して、炭水化物は控えめに。

肉や卵などのタンパク質と、食物繊維を多く含む野菜を多めに食べて便秘予防をしましょう。

そして、意外と気をつけたいのがフルーツ。フルーツは果糖を多く含むので糖質オーバーになりがち。摂りすぎないよう適度な量を心がけましょう。

このように、朝食でもPFCを意識して食べる物を選んで調節をしておけば、ランチや夕食でお目当てのものを思い切り食べることができます♪

万歩計・活動量計をつけて、消費カロリーの貯金をする

bb9bfbb6b377ded0491284e95c24d585_s
旅行中は観光で街歩きなど、普段よりも歩く機会が多いので普段の倍以上歩くように心がけましょう

ポイントは、朝から万歩計や活動量計で歩数や活動量をカウントしておくこと!

自分の運動量を可視化すると、目標の運動量に達するまでゲーム感覚で楽しめます。

私は旅行中、1日1万歩以上を目標にしているのですが、カウント数が増えるごとに消費カロリーの貯金をしているようで楽しくなってきます。

街歩き以外にも、海外のショッピングモールや空港などの大型施設はとても広く、普通に歩くだけでかなりの距離になります。

旅行中は、Fitbitなどのウェアラブルを付けて運動量を測るのがおすすめ!腕時計代わりにもなるし、耐水仕様なのでプールや海でも使えて便利です。

旅先で朝ジョギングを楽しむ!

65ddd66f0e6f6b05e292bd80b8628171_s
旅先では早起きをして、朝食前にジョギングをするものおススメ。

例えば、ハワイの風を感じながらビーチ沿いを走ったり、ニューヨークではセントラルパークの緑の中を走ったり、普段日本にいるのとは全く違った風景の中で体を動かすのは本当に気持が良いです。

まさに天然のスポーツジム!

いつもと違うロケーションで現地の人に混ざって走っていると、不思議とテンションも上がってきます。

また、朝食前にジョギングをすると、他の時間帯にした場合よりも脂肪燃焼効果が高まるという研究結果もあるようです。

8e785c0f6fa5cbc9fe6819f1ba5658bb_s
滞在するホテルにジムやプールがある場合は、是非利用しましょう。

底に足をつけずにプールでひたすら10分泳ぐ、など小さい目標を立てて泳ぐと良いと思います。

消費カロリーも上がり、次の食事までにはお腹がすくので一石二鳥。

またホテルのジムは、旅行中にわざわざトレーニングするくらい健康に気を使っているような人が来ることが多いので、皆さんスタイル良いです。

海外のフィットネスモデルみたいな人たちの中に混ざってワークアウトしてみるのも楽しいですよ。

ab2d596dfcf2a7a6cf4f70e1eb890ea0_s
ホテルにジムやプールも無い場合には、部屋でできるワークアウトもおすすめです。

YOUTUBEにホテルの部屋でもできるものが沢山アップされているので、いくつかおすすめを紹介します。

◆ホテルの部屋や、なんと、空港でもできるワークアウトを紹介しています。

◆こちらはホテルの部屋でできるワークアウトの紹介。この腹筋欲しい!!

◆10種類のスクワットを合計100回行う動画。これ、かなり効きますよ。スクワットはヒップアップにも効果大。

いかがでしたか?旅行という環境を利用すれば、普段よりも運動量を増やして減量できそうな気がしませんか?

先日(2017年8月)バリへ行った時、朝はジョギング、昼はマリンアクティビティやホテルのプールで泳ぎ、街歩きもガンガン行い毎日1万歩以上、夜はホテルの部屋でエクササイズ、というように過ごしていたら、帰国後、なんと体重は増えておらず、それどころか体脂肪が減っていました!

旅行中、普段よりも明らかに高カロリーな食事をしていたのにもかかわらず、体重が増えていなかったのはかなり嬉しかったです。

この方法全てを行うのが無理だとしても、是非1つでも2つでも実行してみてください。

きっとあなたの身体に何か良い変化があるはず!

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ : )
スポンサーリンク
スポンサーリンク