LCC機内持込できるおすすめバックパック【キャビンゼロ 36L】が良かったのでレビューします!

LINEで送る
Pocket

cabinzero

4月に香港へ4泊5日ひとり旅に行ってきたのですが、その時に香港エクスプレスに乗りました。

LCCの預け荷物って有料だから機内持込みだけで済ませたい!と思って、機内持込サイズ規定に収まる丁度良いバッグをいろいろ探して行き着いたのがこの「キャビンゼロ(Cabin Zero)」

このバックパック、旅ブロガーさんたちの間でも「おすすめ」としてよく紹介されていたので、以前から気になっていました。

キャビンゼロは28L、36L、44L の3サイズ展開していて、全て10000円以下で購入できてしまうという何ともコスパ良すぎなバックパックなんです!

スポンサーリンク

キャビンゼロ(Cabin Zero)って?

キャビンゼロは2012年にイギリスで設立されたブランドで、現在は世界30カ国で販売されています。

800g以下という軽量設計ながらも、シンプルでスタイリッシュなデザイン、それでいて大容量で豊富なカラーバリエーションあり。

Youtubeで海外のパッキング動画を見ていると、キャビンゼロを使っている人の割合がけっこう高いんですよね。

赤いキャビンゼロも可愛いですね♪(→動画は28Lのものです)

LCCで悩む「手荷物のサイズ」はキャビンゼロで解決!

cabinzero12

(画像出典:https://www.cabinzero.com/

格安でLCCのチケットを手に入れたのに、荷物サイズオーバーなどで余計な料金がかかるのは避けたいですよね。

そんな時は、それ自体に重量のあるキャリーケースではなく、軽量でコンパクトなバックパックがおすすめ!

とにかく軽いし、LCCの手荷物規定サイズを多少オーバーしていてもナイロン製のバックパックなら形を崩せば対応可能なのでとても便利です。

キャビンゼロを選ぶメリット5つ

紛失時に荷物を追跡できるラゲージトラッカー付き

cabinzero11

キャビンゼロには「OKOBAN」という、「紛失物追跡システム」が付いているのですが、このシステムは、世界1960の空港、300社以上の航空会社で採用されているんです。

上画像のPLEASE ACTIVATEと記載のあるシールを剥がすと、個別の識別コードが記載されています。それをOKOBANのホームページで自分の連絡先などと共にあらかじめ登録しておきます。

荷物を紛失してしまった場合、航空会社の係員、または拾った人がOKOBANのシステムに「拾ったよ」と情報を登録してくれると、 自動でお知らせが持ち主に届くというしくみ。受け渡し方法は双方で相談します。

メーカー保証10年付き(正規品)

正規品には、なんと10年保証が付いています。

それだけ自信を持って製品を作っているってことでしょうか。何とも太っ腹な保証です!

人間工学に基づいたデザイン

荷物の中身が重くなっても肩が痛くなりにくいデザインになっています。

私はキャビンゼロの36Lを購入してすでに数回使用していますが、けっこう詰め込んで重くなっても、体に負担がかかりにくいと感じました。

ほどよいポケットの数で持ち物管理がしやすい

多機能リュックにありがちな沢山のポケットだと、どこに何を入れたのか行方不明になりがち(私の場合は・・)。

キャビンゼロは表側に1つ、中側にはノートPC用ポケット含む3つのポケットが付いています。シンプルだけど、必要十分な数なので物が見つけやすいところが良いです。

どのサイズを選んでも機内持込サイズの規定を満たす

キャビンゼロは、28L、26L、44L、3種類のサイズ展開。

このどれを選んでも、ほとんどのLCC機内持込みサイズの規定を満たします。

LCC機内持込みサイズとキャビンゼロの比較については、次章をどうぞ。

LCCの手荷物サイズ一覧表

おもなLCCの手荷物サイズと重量をまとめてみました。

LCC航空会社 サイズ(cm) kg
Jetstar 56×36×23 7
Air asia 56×36×23 7
Thai lion air 40×30×20 7
Lion air 48×34×23 7
香港エクスプレス 56×36×23 7
ピーチ航空 50×40×25 7
Easy jet 56×45×25 制限無
バニラエア 55×40×25 7
春秋航空 56×36×23 5
タイガーエアー 54×38×23 10
エアプサン 55×40×20 10

次に、【キャビンゼロのサイズ比較】がこちら。

サイズ 高さ マチ 重量(g)
28L 28 38.5 18 640
36L 29 44 19 650
44L 35 49 16 740

この中で、サイズ規定が一番厳しいLCCはタイライオンエアーですが、キャビンゼロの28Lならいけそうです。

タイライオンエアー以外であれば、どのキャビンゼロのサイズを選んでもLCC手荷物サイズ規定内に収まります

香港旅では、香港エクスプレスに乗ったのですが、44Lだと自分が背負うには少し大きすぎる気がしたので、私が購入したのは、36Lのライトグレーでした。

キャビンゼロ36L を画像付きでレビュー

まずは表から。

ライトグレーはどんな服装にも合うのでオススメです。

cabinzero3

裏側はこんな感じ。

人間工学に基づいた肩ひものカーブ、そしてクッションが入っているので、肩が痛くなりにくいです。

cabinzero4

2Wayで持てるようになっています。

cabinzero5

表側のポケット。

このポケットは大きいので、すぐに取り出したい物を入れておくと便利。ガイドブックやバウチャー類、スナックなんかを入れてます。

cabinzero6

中を開けるとこのように開きます。

フルオープンではありませんが、だからといって特に使いにくいということはないです。

cabinzero7

ノートPC用のポケット付き。

私は13.5インチのPCを入れています。

cabinzero10

メッシュのポケットと、その下に普通のポケットがあります。

細かいものを収納するのに便利です。

cabinzero9

36Lではこれだけのモノが収納できる!(見た目の割りに大容量)

これは、香港4泊5日ひとり旅の時の荷物。

これだけのものを収納できました。

cabinzero2

これらの荷物をキャビンゼロに収めるとこうなります。

  ↓   ↓

cabinzero1

全部の荷物を詰め込んでも、上のほうに若干の余裕がありました。

ちなみに、写真のように2つのファスナーを合わせて南京錠を通して取り付けることができます(ファスナーはYKK)。

さいごに

これまでバックパックって背負わないとならないから不便だと思っていたんですが、香港旅行では意外にも大活躍でした。

階段の多い地下鉄構内なんかはキャリーケースの場合、いちいち持ち上げなければならないのが面倒だけど、そんな時はバックパックのほうが断然楽です。泊まった宿もエレベーター無くて階段だったし、街は人でごった返しているので、キャリーケース引くよりはバックパックのほうが良いかな。

というわけで、LCCの節約一人旅には、これからもキャビンゼロで行こうと思います!

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ : )
スポンサーリンク
スポンサーリンク