30ヶ国以上旅した私が海外旅行に必ず持っていく医薬品リストを紹介します!

LINEで送る
Pocket

61930d09141ba98fa4b5f08395e3b307_s

旅行では何よりも体調管理が大事!

絶対に風邪をひきたくない私は、ポーチの中にあらゆる医薬品を詰め込んで備えます。

普段使っている薬を持ち歩くと、旅先でも安心できるんです。

厳選した医薬品をポーチに詰め込んで、まさに「歩く薬局」。

薬は現地で調達することもできますが、

具合が悪くなってから薬を調達するのではもう手遅れなので、身体に違和感を覚えた時点ですぐ使えるような準備が重要だと思っています

スポンサーリンク

必ず旅行に持っていく医薬品リスト

IMG_1931-1

お腹を下したりすることはほとんどないのですが、お守り代わりに持っています。

このような、携帯用が便利です。

疲れを貯めないようにするにはこれ!

風邪のひき始めの栄養ドリンク代わりに飲んだりもします。

こちらも持ち運びやすい携帯用がおすすめ。

傷や靴ずれなどに活躍。

マリンスポーツでの擦り傷にも欠かせないです。

傷パワーパッドも治りが早くなるので何かと重宝します。

なんといってもこのミニサイズがコンパクトで良いです。

液体なので、海外旅行で機内持込するならジップロックに入れて。

喉のイガイガを少しでも感じたらすぐに使います。

普段、便秘になることはほとんどないですが、旅行中は環境の違いや時差で腸内時計が狂いがち。

旅行の間だけなら、お試し用の7日分がちょうどよいです。

特にメーカーにはこだわりませんが、食べ過ぎの胃もたれ対策に必ず持っていきます。

基本は花粉の時期に活躍だけど、場所によっては季節問わず何かに反応して目や鼻がムズムズすることもあるので手元にあると安心。

突然の化粧かぶれ(接触性皮膚炎)が起こってしまった時にも役立ちます。

以前、唇が化粧かぶれになった時、日本の皮膚科で処方されたのがアレグラだったからです。

痛み止めの万能選手。頭痛や解熱に。

もはや定番。

風邪のひき始めにはこれが一番効く気がします。漢方成分が入っているところが好き。

自分の体質に合わせて、病院で処方してもらっているものをストックしておきます。

私の場合、ホルモンバランスの吹き出物には桂枝茯苓丸加薏苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)。

吹き出物の腫れに痛みがある時は十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)。

これでたいていの肌荒れは治まります。

風邪ひきそうになったら迷わずこれ。

熱が出る前、悪寒を感じたらすぐに服用するのがポイント!

人によって必要な医薬品は様々ですが、

普段、どんな風に体調が悪くなりやすいのかの傾向をつかみ、それに対処できる医薬品を普段から探しておくとよいです。

ちなみに、この医薬品ポーチ以外に、サプリメント類も別に携帯しています。

旅行中は普段とは環境が変わるため、医薬品+サプリメントのダブルで体調管理をする、というのが私のやり方です。

参考になれば幸いです。

↓こちらもどうぞ♪

旅行中に必要なサプリメントの選び方 旅行中の食事は何かと栄養が偏りがち。 機内食は野菜が少なく炭水化物が多めですし、食当たりを気にして旅行中は生野菜やフルーツ...

旅行すると風邪をひいたり、お腹をこわしたり・・ 旅行中に体調不良に見舞われることは、誰しも起こり得ることだと思います。 特に、友人やパートナーとの旅行では、...

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ : )
スポンサーリンク
スポンサーリンク