【ハワイ】ダイヤモンドヘッド登頂時の服装や靴。サンダルでも大丈夫?!


IMG_1713

ハワイのダイヤモンドヘッドへ行く際の服装って、どの程度の装備で行けば良いのか悩みませんか?

私もそうでした。

  • スニーカーや登山ウェアは必要?!
  • でもなるべく荷物を減らしたい!
  • サンダルでも登れるのかな?!

ここでは、ダイヤモンドへッド登頂時の服装や、実際にどんな靴が良いのかについて画像付きで紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1月下旬、急遽ハワイ行きが決定。

レンタカーでドライブついでに、ダイヤモンドヘッドへ寄ってみようということになりました。

どんな装備が必要なのか全く知識がなかったので、事前ににネットで口コミを調べると、どうやらダイヤモンドヘッドは軽装で行っても大丈夫そうだ、ということが判明。

実際に私はワンピースとサンダル、という超軽装で登頂しました

これはその時の写真です。

IMG_1558

ダイヤモンドヘッドの登山道は、ほぼ全て舗装されていいます。

なので、サンダルでも全く問題ありませんでした。

ただ、注意したいのは「かかとストラップ」などが付いているホールド感のあるサンダルのほうが断然おすすめです。

ビーチサンダルでも登れないことはないですが、砂利や砂で足元が滑り安定しないのであまりお勧めしません。

私の場合、日常生活や旅行でも愛用の革サンダルを履いていきました。

踵や足の甲のところにストラップがあるタイプだったので、ホールド感があり、歩きやすくてすんなり登頂!

また、もう1つの注意点は、最後に急勾配の階段があります。

ワンピースやスカートで登る際は、あまり短すぎる丈だと下から登ってくる人に丸見えになってしまうので気を付けたほうが良いかも。

追記:↓その後、新しいサンダルを購入しました!

夏の旅行はこれ1足で十分かも!KEEN UNEEKサンダル(レディース)のサイズ感やレビュー
出典:keenfootwear.com ずっと旅行用のガンガン歩いても疲れないようなサンダルを探していて、 TEVAやCHACOとも迷いました。 で、いろいろ考えた結果、KEEN UNEEKのサ...

ダイヤモンドヘッドの頂上へ行くまでの道のりは、予想以上にきれいに舗装されていました。

歩道が全てコンクリートというわけではありませんが、

砂利道でも手すりがあったり、コンクリートの階段が整備されているので、小さいお子さんでも歩きやすそうな印象でした。

早歩きだと、大人の足で頂上までは25分くらいで到着できます。

IMG_1540

↑ 登山道の様子。こんな感じの砂利道が続きます。

IMG_1553

↑ 頂上付近で、かなり急勾配な階段があります。

IMG_1555

↑ 途中トンネルがあり中が暗いので、携帯の懐中電灯アプリを使用すると足元が見やすくなります。

Sponsored Links

日本人以外の観光客の姿を見ると、やはり軽装の人が多かったです。

服装は、Tシャツやタンクトップに短パン、ワンピース。

足元はサンダル、ビーサン、スニーカーなど様々。

いかにも登山という格好の人は見かけませんでした。

IMG_1550

短パン+タンクトップの組み合わせが圧倒的に多かった印象です。

IMG_1549

登頂時の持ち物は?

日差しが強いので、以下の持ち物があると便利です。

  • 日焼け止め
  • サングラス
  • ペットボトルの水
  • 携帯電話
  • 懐中電灯アプリ(トンネル内は暗いので!)
  • カメラ
  • 雨具(無くても良いが、天候が心配な場合)

これといった山登りの装備は必要ありません。

必要最低限の、軽い荷物で登頂できます。

まとめ

  • サンダルは、ストラップ付きが安定感があって歩きやすい
  • 急勾配の階段あるため、丈の短いワンピやスカートは避けたほうがよい
  •  服装は、1月下旬でも、羽織りものは特に必要なし
  • トイレは登山道の入り口のみ設置のため、最初に済ませておくのがおすすめ

ダイヤモンドヘッドの頂上から見渡すハワイの景色は絶景でした!

テレビでよく見る風景がこれか!と思ったのをよく覚えています。

このような軽装でも登頂できますので、ダイヤモンドヘッドを是非楽しんでください♪

ランキング参加中!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村
応援して頂けるとうれしいです(^^)
スポンサーリンク
Sponsored Link
Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Sponsored Link