飛行機内の乾燥に負けない!保湿とスキンケア方法について語ります。

LINEで送る
Pocket

81c4dcd423fd6d33050195b0f5c68356_s

機内はとても乾燥しており、長時間のフライトでの機内の湿度は、なんと20%以下にもなると言われています!

どうりでいつも飛行機に乗ると、肌の調子が良くないわけです。

肌の調子が悪いと旅先でも気になるし、疲れた顔では写真うつりも悪くなってしまいますよね。

そんな機内の乾燥に負けないように、保湿対策とスキンケアは外せません。

スポンサーリンク

長距離フライトの時、メイクはどうしていますか?

私の場合、深夜便なら搭乗前に空港のトイレでメイクを落として洗顔、昼便の場合はメイクをしたまま搭乗します。

機内食が終わって機内の照明が暗くなり、周りが睡眠モードになってきた時にメイク落としと歯磨きに取りかかります。

このタイミングだと比較的トイレに立つ人も少ないので、トイレの中でゆっくり化粧落としができます。

ずっとメイクをしたままだと、肌に負担がかかり余計に乾燥してしまうので、メイクは必ず落とすことをおすすめします。

sengan

機内でメイクを落とす場合、クレンジングオイルを使うとけっこう大変なことになります(><)

機内の洗面台はとても小さいうえに、水道の水量が非常に弱いので(プッシュすると数秒間水が出るタイプ)、顔に付いたオイルを落とすのがなかなか大変なんですよね。

そこで、拭き取りタイプのメイク落としが重宝します。

簡単にメイクオフできるので、拭き取った後に軽く洗顔すればOK。

メイクを落としたら、化粧水をたっぷりつけ、さらにオイルやクリームで蓋をして乾燥防止。

普段使っているものよりも保湿力の高いクリーム類があると、機内の過酷な乾燥からお肌を守ってくれます。

旅行用には、キュレルのお試しセットが少量ずつ入っていて便利なので、特に飛行機に乗る時によく使います。

私は乾燥すると肌トラブルになりやすいので、敏感肌用の化粧品は乾燥する機内にちょうど良いんですよね。

ミニサイズのクリームも付いています。

Bottled, Water

外側からのスキンケアも大事ですが、水分補給で体の中から水分量を上げることも大事です。

ただし、カフェインやアルコールは利尿作用で水分が出てしまうため、水やジュースのほうがおすすめ。

とはいうものの、お酒やコーヒーも機内で楽しみたいので気にせず飲んでいますが、その代わり水もたくさん飲むよう心がけています。

アルコールを飲む場合には、その2倍の量の水を飲むと、体内でのアルコール分解がされやすいそうです。

またアルコール作用による脱水も防ぐことができます。

なので、水をたくさん飲んでも、いつでもトイレに行けるよう、座席は絶対に通路側を取ります。

保湿後は、「のどぬ~るぬれマスク」をつけて就寝。

このマスクは水分フィルターをセットすることによって、通常のマスクよりも保湿を持続させる効果があります。

機内でのマスクは肌の保湿はもちろん、喉や鼻が乾燥することで風邪の防止にもなるので非常におすすめです。

おそらく、機内でマスクをしているのは日本人ぐらいかもしれませんが、乾燥や風邪防止のためにはどうしても外せないアイテムなので気にせずマスクで過ごします。

この、のどぬーるマスクですが、個人的には「就寝用・ハーブの香り」がお気に入りです。

機内の乾燥対策をしっかり行って、快適な空の旅にしたいですね♪

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ : )
スポンサーリンク
スポンサーリンク