機内の乾燥対策とおすすめ保湿化粧品3選【セラミドが最強!】

LINEで送る
Pocket

Airplane

長時間のフライトで必ず必要なのが乾燥対策

体から水分が奪われると「肌荒れ」や「小ジワ」の原因になったり、喉の乾燥から風邪のウイルスをもらってしまうことも・・!

そんな機内の乾燥に負けないよう、機内でできる「体の中からの保湿対策」と「スキンケアでの保湿対策」を紹介します。

スポンサーリンク

機内が乾燥する理由は?

Dry

飛行機内の空気はとても乾燥しており、長時間フライトでの機内の湿度は20%以下にもなると言われています。

これは砂漠に匹敵する湿度になるのだとか!

理由は、機内を常時適温に保つ空調システムにあります。

機体の外部では温度差が激しいため、機内を適温に保つためのエアコンを稼働させているのですが、気温を調整する過程で出てくるのが「空気中の水分から出る結露」。

この結露を放おっておくと機内の空調システム故障の原因となってしまうため、水分除去装置でエアコン内に貯まった空気中の水分を常時取り除いています

そんな理由から、機内を適温に保つためにはどうしても乾燥してしまうのです。

機内でできる乾燥対策

体の中から保湿するには?

Bottled, Water

体の中から保湿をするには、こまめな水分補給で体内の水分量を上げましょう。

ただし、カフェインやアルコールは利尿作用で水分が出てしまうため、水やジュースのほうがおすすめです。

また、アルコールを飲む場合には、その2倍の量の水を飲むと、体内でのアルコール分解がされやすく、アルコール作用による脱水も防ぐことができます。

水分を取るとトイレが近くなる人は、移動しやすい「通路側の座席」を取ることをおすすめします。

とはいうものの、お酒やコーヒーも機内での楽しみの1つ。その際は、同時に水も沢山飲むように努めましょう!

sengan

機内でメイクをしたまま一晩過ごすと、肌に負担をかけてしまい肌トラブルの原因にもなります。

ですので深夜をまたぐ長時間フライトではメイクを必ず落とすことをおすすめします。

メイク落としシートは必需品!

機内でメイクを落とす場合、クレンジングオイルを使うとけっこう大変なことに・・・。

機内の洗面台はとても小さいうえに、水量が非常に少ないので(プッシュすると数秒間水が出るタイプ)、顔に付いたオイルを落とすのはなかなか大変です。

そこで、便利なのがメイク落としシート

これさえあれば、トイレが混み合っている時は、座席でも簡単にメイクオフできます。

トイレ混雑時に自分の座席でメイクオフする裏技としては、メイクシートで落とした後に、アルコールフリーのウェットティッシュで顔を拭くとさっぱりします!

機内でメイクを落とすタイミングは?

機内でメイクを落とす絶好のタイミングは、機内食が終わって機内の照明が暗くなり、周りが睡眠モードになってきた頃です。

このタイミングだと比較的トイレに立つ人も少ないので、トイレの中でゆっくり化粧落としや歯磨きができますよ。

ちなみに、私の場合は「深夜出発便」なら搭乗前に空港のトイレでメイクオフしてから搭乗し、「昼出発便」の場合はメイクをしたまま搭乗して機内で落とします。

(下へ続く)

Sponsored Links

保湿は「セラミド配合」がマスト!

機内の過酷な乾燥からお肌を守る保湿化粧品は、何と言っても「セラミド配合」を強くおすすめします。

一見、正しいと思える以下の保湿方法、

実は全部間違っているのをご存知ですか?

  • 化粧水をたっぷりつける
  • シートマスクで化粧水を浸透させる
  • 油分でフタをする

皮膚科医の吉木伸子先生の著書には、このように書かれています。

化粧水の構成部分の大部分は「水」。水そのものを与えても蒸発してしまうので、保湿の役割を果たしているとはいえません

また「油分でフタをする」といって、乳液やクリームで水分を守ろうとする方法もあるようですが、それは古い考え。実は油分は、水分保持力がさほど高くありません。たっぷり塗っても、その隙間をぬって水分が蒸発してしまいます。

セラミドなどのように、水分を蓄える働きをする「保湿成分」を補うことが最新の保湿といえます。

また、肌がセラミドを失うと、角層の水分量が80%も低下してしまうのだそうです。

以前の私は、機内でせっせと化粧水をつけた後にクリームなどの油分でフタをしていたのですが、いくら化粧水やクリームをつけても微妙に肌の内側が乾燥する感じがありました。

セラミドの働きを知ってから、セラミド配合の保湿を使ってみたところ、インナードライ肌がほぼ改善されました!

乾燥にはセラミドが最強なのですが、セラミドは高価なため、配合されている化粧品は少々高価なものが多いです。

日常使いの容量を購入するとコストがかかりますが、旅行用なら「トライアルキット」を手に入れると大変お得です!

というわけで、セラミド配合化粧品のおすすめをいくつか紹介しますね。

小林製薬のヒフミドトライアルセット

hihumido

セット内容

  • マイルドクレンジング (10g)
  • 洗顔石けん (13g)
  • エッセンスローション (20ml)
  • エッセンスクリーム (4g)
  • UVプロテクトベース (0.5g×5包)
  • トートバッグ

>>> ヒフミドトライアルセットを購入する

【価格:980円(税込、送料別途)】

小林製薬のヒフミドは、「天然型セラミド配合」なので、安価な合成セラミドの3倍の保湿力があります。

成分は、無香料・無着色・パラベン/エタノール不使用の低刺激性で、製薬会社の開発した化粧品なので安心して使えます。

トートバッグが付いてくるところもポイント高いですね!

エトヴォス スターターキット

etvos

セット内容

  • ミネラルメイク3点セット(2週間分)
  • セラミドスキンケア(7日分)
  • ヘアケアモイストシャンプー/トリートメント(1回分)
  • 次回の買い物に使える500円クーポン

>>> ミネラルファンデーション スターターキットを購入する

【価格:送料込み1,800円(税抜)】

エトヴォスのスターターキットは何といっても内容が豪華!

ヒト型セラミド5種類(セラミド1,2,3,5,6Ⅱ)をバランス良く高濃度で配合しています。

「旅行中、ファンデの厚塗りはしたくない」という方には、キットに入っているミネラルファンデーションで肌にやさしいメイクをしてみるのも良いですね。

(※ミネラルファンデの色は選ぶことができます)

NOVⅢトライアルセット

nov3

セット内容

  • メイク落とし (15g)
  • 洗顔料 (15g)
  • 化粧水 (20ml)
  • 乳液 (8ml)
  • 保湿クリーム (4g)
  • 化粧水(さっぱり)2ml
  • 化粧水(白濁とろみ)2ml
  • 保湿美容液 0.8g

>>> ノブlll トライアルセットを購入する

【価格:送料無料1,500円(税抜)】

ノブlll トライアルセットは、特に敏感肌の方におすすめ。

臨床皮膚医学に基づいた高保湿コスメで、「ヒト型セラミド3」を配合した7日間のセットとなっています。

もしも旅行直前でお急ぎの場合は、ドラッグストアでも購入できるキュレルのお試しセットもおすすめです。上記で紹介したものとは違い、合成セラミドの配合ですが、通常タイプの化粧品より乾燥に効きます(私も使ってました)。

「飲むスキンケア」で乾燥を防ぐ

ディフェンセラ

>>日本初!「飲む」次世代スキンケア【初回送料無料】

化粧品ではありませんが、「セラミドを飲む」ことで肌の水分量を逃しにくくする方法もあります。

オルビスの「ディフェンセラ」はトクホの粉末状セラミドで、味は飲みやすい柚子風味。

1包ずつの小分けなので、旅行での持ち運びにも便利ですよ。

まとめ

以上をまとめると、砂漠のように乾燥する機内では、この2点がポイントとなります。

  • こまめに水分補給をする
  • セラミド配合化粧品でスキンケアをする

機内だけでなくホテルの客室でも乾燥するので、旅行中には「セラミド」を使うことが肌トラブル防止にもつながりそうですね。

また、スキンケア後にマスクをすると効果倍増ですよ。

あわせて、「機内を快適に過ごすグッズ」でストレスのない空の旅をどうぞ↓

エコノミークラスの座席は狭くて、長時間フライトの場合は相当なストレスになりますよね。  でもフライトを快適にする旅グッズがあれば、何も準備のない状態の時より...

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

こちらもどうぞ : )
スポンサーリンク
スポンサーリンク